楽しく、明日もチャレンジ

FrontPage

''a:122851 t:14 y:31画像の説明著書

ごあいさつ

内科・皮膚科・心療内科・形成外科など総合的な診療を行っております。地域医療の一助になればと考えておりますので、よろしくお願いいたします。幸(さいわい)クリニック 院長 提箸 延幸(さげはし のぶゆき

診療の特色?:

 ''医学的な根拠に基づいた(EBM)医学会のガイドラインに合わせた、患者さんに負担の少ない合理的な診療を目指しております''

''心療内科では主に仕事、学校でのストレスなど、心身の症状で困っている方の診療を行っております。
インフルエンザの予防接種は受診前に在庫の有無をご確認ください。℡042‐312‐1776。当院受診歴の有る方:2700円、無い方:3000円です。

診療日と時間

水、木、金、土、日 (休診:月、火、祝祭日、金曜日午後)
診療受付時間:午前9:45~11:45時、午後14:45~18:30
急な体調の悪化、受診不可能な方には往診しております。往診可能な距離・範囲があります。連絡・予約は℡042-312‐1776へどうぞ。
休祭日の診療は電話でご確認ください。
心療内科では予約を受けております。
5-6月は通常の通り診察いたします。宜しくお願いいたします。

アクセス

 〒187-0045 小平市学園西町3-25-17 小平市中央図書館前
西武多摩湖線(JR中央線 国分寺に接続) 一橋学園駅(北口の案内板に地図があります。)あるいは青梅街道駅より西武線沿いに歩いて6~7分

 ℡042-312-1776

院長の略歴

1976年 群馬大学医学部卒業
1983~2003年 前橋赤十字病院形成外科部長(その間15年ほど群馬大学整形外科、非常勤講師兼務)
2004~2013年 君津市 国民健康保険 小櫃診療所所長
2013年4月 幸クリニックを開院

海外での医療活動

 1994年 「アフガン戦傷者外科病院」にて負傷者に対する治療
 1997年 アフリカ・ブルンジ、コンゴ難民に対する医療支援
 1999年 旧ユーゴスラビア・コソボ医療復興事業
 ''2001年 インド西部大地震医療救護活動
 2002年 アフガン難民に対する医療救護活動
 2003年 アフガニスタン北部地域(クンドゥス、タロカン)にて医療活動

著書

 「平和の国の医者だけどーアフガン戦傷者外科病院診療日誌」講談社出版サービスセンター、1996

 「写真でみる海外紛争地医療」医学書院、2004

その他の活動

 1995年 当時、皇后陛下(現、上皇后)美智子様、当時、皇太子妃殿下(現、皇后陛下)雅子様の御臨席のもと「海外救援医療」について講演

所属医学会

形成外科学会
糖尿病学会
認知症学会
心療内科学会
*最近の医学会報告、発表
フロイト(sigmundFreuid, 1856~1939)との対話:その戦いと憂鬱.日本心療内科学会誌 23:143~146. 2019
就業に伴うストレスにより心身に不調を生じた症例の検討.第24回日本心療内科学会学術集会、大阪、11月15~16日、2019
 ドイツ、欧州心療医学会:参加の報告.日本心療内科学会誌 22:166~168.2018
 レイプ、性的な暴力による心的外傷後ストレス障害(PTSD)症例の検討.第23回日本心療内科学会学術集会、札幌、11月23~24日、2018

* 医療情報(学会誌などより興味ある医療記事を紹介しております。

お問い合せ

 ℡042-312-1776
 2020年3月28日更新。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional